2008年09月16日

日焼け止めの選び方

スポンサードリンク

 自分にあった日焼け止めを選ぶために必要な基礎知識を今日はご紹介したいと思います。

 よく、日焼け止めのパッケージの表示で、SPFやPAといった言葉が書かれているのですが、ご覧になったことはありますでしょうか?

 紫外線防止に役立つ日焼け止めですが、SPFやPAという単語の意味を理解していない人、結構いるのではないでしょうか。

 それでは、自分に合った日焼け止めを選ぶことができるように、SPFやPAの意味を解説しておきたいと思います。

 SPFはSun Protection Factor という意味で、UV-Bをカットする効果のことを言います。SPF1で、20分効果が持続することを表し、数値が上がるごとに持続時間が長くなります。

 PAはProtection Grade of UVA という意味で、UV-Aをカットする効果のことを言います。PA+から+++の3段階で、+が多いほど効果が高くなります。

 それで、これらの表示を目安に、どの日焼け止めを選べばよいのか?ですが、一般的に子供はSPF10から20、PAはPA+からPA++が適しています。大人は日常はSPF20から30程度、アウトドア時はSPF40から50でPAはPA+++が良いとされています。


 これらの表示の他にも、含まれる成分によって、合う、合わないといった相性がありますので、次に日焼け止めの成分についての知識を見てみましょう。

 紫外線吸収剤という成分があります。これは紫外線を吸収する成分のことを言います。カット効果は高いものの、有機化合物なので、肌の弱い人はかぶれることがあります。

 また紫外線散乱剤という成分は、微粒子によって紫外線を散乱させる成分です。塗ると白浮きするものもありますが、肌への刺激や負担が少ないので子供や、アトピー性皮膚炎の方にはこちらがオススメです。紫外線吸収剤を使用せず、紫外線散乱剤のみで作られているものは「ノンケミカル」と表示されていることがあります。

 紫外線対策で日焼け止めを購入する際は、以上の表示を参考の上、販売店の方のアドバイスや自分の肌のコンディションも考慮しながら、選ぶとよいでしょう。

 もう夏のシーズンは過ぎましたが、夏以外のシーズンでも、紫外線の影響を受けるケースはありますので、よく紫外線のことを知っておきましょうね。
posted by 夏の男 at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(4) | 紫外線対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19450798

この記事へのトラックバック

セックルドール
Excerpt: かれこれ逆¥生活も三年目だけど、あんな気持ちいい女は初めてだったわw …
Weblog: ドールモード
Tracked: 2010-02-05 14:50

女ってすげえよな
Excerpt: 主婦がヒマなのはわかるけど、旦那が稼いできた金で逆円してたらマズいだろwそれに旦那が中出ししてくれねえからって、俺にせがむのはもっとマズいだろwww
Weblog: Mr.逆円
Tracked: 2010-02-21 00:14

ヤリチソ
Excerpt: ヤリまくってたらいつの間にか300万の借金完済っ!でもそのせいでちょっとタマキン縮んだかもしれんwww
Weblog: 裏バイト開始
Tracked: 2010-03-11 18:16

脱チェリーボーイ!
Excerpt: 女のアソコってあんなに暖かいもんだったんだ? しかもニュルニュルしてるし、まじおちんポミルクが止められないんだけどwww
Weblog: たろウ
Tracked: 2010-04-23 23:56